資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

金融機関系ベンチャーキャピタル(VC)とは?代表的な金融機関系ベンチャーキャピタル(VC)をご紹介


ベンチャーキャピタルには、政府系、独立系、事業会社系(CVC)などがありますが 今回は、日本における金融機関系ベンチャーキャピタル(VC)についてや代表的な金融機関系ベンチャーキャピタル(VC)をご紹介します。

金融機関系ベンチャーキャピタルとは?

金融機関ベンチャーキャピタルとは、証券会社、銀行、保険会社などが母体となっているベンチャーキャピタルです。大手金融機関がバックにいることで、投資数や投資金額が大きくなる傾向にあります。事業会社ではないので、純粋な投資を目的にしています。また、比較的規模が大きくなった企業へ投資する傾向があります。

代表的な金融機関系ベンチャーキャピタルをご紹介

ここからは、日本国内で代表的な金融機関系ベンチャーキャピタルをご紹介します。

三菱UFJキャピタル

MUFGグループの一員のベンチャーキャピタルです。株主構成をみても、三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ証券ホールディングス以外にも三菱商事や三菱重工業が株主に名を連ねており、グループの総合力を生かせることが強みといえるでしょう。シード、アーリーステージから、ミドル、レイターステージまで幅広いフェーズで、特定の業種に偏ることなく投資を行っているのが特徴です。

SMBCベンチャーキャピタル

SMBCベンチャーキャピタルは、三井住友フィナンシャルグループが母体となっており、スタートアップとアーリーステージへの投資が全体の60%強を占めており、若い企業への投資が多いことが特徴です。

みずほキャピタル

みずほキャピタルは、みずほフィナンシャルグループが母体のベンチャーキャピタルです。みずほフィナンシャルグループの圧倒的なネットワークを活用できることが強みです。成長支援ファンド、ライフサイエンスファンド、グロースファンド、FinTechファンド、事業承継ファンドのように、ファンドごとに投資対象を絞り込んでいる点が特徴的です。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

ニッセイキャピタル

ニッセイキャピタルは、日本生命系列のベンチャーキャピタルです。ニッセイアクセラレーションプログラムという起業家向けプログラムを提供していることが特徴的です。全てのステージ、業種に幅広く投資を行っています。

SBIインベストメント

SBIインベストメントは、SBIグループ企業で成長分野に集中投資することが特徴的なVCです。成長分野とは、IT、バイオ、ライフサイエンス、環境、エネルギーと定義しています。

三井住友海上キャピタル

三井住友海上キャピタルは、三井住友海上の100%子会社のベンチャーキャピタルです。投資対象はシードからレイターステージまで幅広いですが、金額ベースで約半数近くがシード・アーリーステージでの出資となっています。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、金融機関系ベンチャーキャピタル(VC)についてや代表的な金融機関系ベンチャーキャピタル(VC)をご紹介しました。

金融機関系ベンチャーキャピタルはバックグラウンドの金融機関に支えられた資金調達力や幅広い金融ソリューション、広範な企業とのつながり、そして長年の歴史で培われた投資ノウハウが大きな強みと言えます。また、ベンチャー企業としては、金融グループから出資を受けることによる社会的信用力の向上も次のステージへ進むための大きなメリットと考えられるのではないでしょうか。

金融系のベンチャーキャピタル投資を受ける際には、今後会社としてどこの金融系列を中心に取引を行なっていくかを考えた上で、話を進めていきましょう。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト