資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

創業融資の成功のカギは『CIC』?CICという信用情報機関について解説


起業して新しいビジネスを始めるには、運転資金や設備資金が必要になってきますが、だれでも簡単に資金調達ができるほど甘くはありません。色々と創業融資について調べてみると、クレジットカードの延滞やカードローンの申し込み件数などの個人の信用情報がブラックな人は融資に落ちるという趣旨の情報を見かけます。

日本において個人の信用情報を主に3つの信用情報機関が運用していますが、今回は、この中の代表的であるるCICという信用情報機関について解説していきます。

CICとは?

CIC(CREDIT INFORMATION CENTER)とは、クレジット会社の共同出資によって設立された信用情報機関の事になります。

主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業が加盟しています。加盟企業と契約している個人の消費活動の情報を収集し、管理・提供・開示するのが主な業務です。クレジットの場合、情報の登録・更新は月に1度行われ、高い情報精度が保たれています。

CICは元々、日本クレジット協会、全国信販協会、日本信用情報センターという3つの信用情報機関が一本化されて出来た組織で、日本信用情報機構(JICC)が貸金業界の信用情報機関であるのに対してCICはクレジットカード・信販業界のための信用情報機関になります。

■割賦販売とは?

割賦販売とは代金を分割して支払うことを条件とした販売方法のことになります。

信用情報の種類


CICが保有する信用情報は、以下の2種類です。

  • CICの加盟企業から登録される情報
  • CICが独自に収集する情報

それぞれについて説明していきます。

CICの加盟企業から登録される情報

CICの加盟企業から登録される情報は、以下3点です。

申込情報

クレジットやローンの新規申し込みにおける支払能力を調べるために、加盟企業が信用情報を確認した事実を表す情報です。

  • 本人を識別するための情報:氏名・生年月日・郵便番号・電話番号など
  • 申込内容に関する内容:照会日・商品名・契約予定額など

クレジット情報

加盟企業と結んだ契約内容や支払状況を表す情報です。

  • 本人を識別するための情報:氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・勤務先名・勤務先電話番号・公的資料番号など
  • 契約内容に関する情報:契約日・契約の種類・支払回数など
  • 支払状況に関する情報:請求額・支払の遅れの有無など
  • 割賦販売法対象商品(※1)の支払状況に関する情報:割賦残債額・支払の遅れの有無など
  • 貸金業法対象商品(※2)の支払状況に関する情報:貸付日・出金額・残高など
(※1)割賦販売法対象商品:
クレジットカードのリボ払いや分割払いで購入した商品などを指します。
(※2)貸金業法対象商品:
クレジットカードで現金を借りること(=キャッシング)などを指します。

利用記録

クレジットやローンの利用状況や返済状況を調査するために、加盟企業が信用情報を確認した記録です。

  • 本人を識別するための情報:氏名・生年月日・郵便番号・電話番号など
  • 利用した事実に関する情報:利用日・利用目的・利用会社など

CICが独自に収集する情報

CICが独自に収集する情報は、以下3点です。

  • 本人申告情報
  • 協会依頼情報
  • 電話帳掲載情報

本人申告情報

消費者本人がCICに申告した内容を表す情報です。

  • 本人を識別するための情報:氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・勤務先名・勤務先電話番号など
  • 申告した内容に関する情報:情報登録日・申告したコメントなど

協会依頼情報

日本貸金業協会または全国銀行協会の貸付自粛制度(※3)を通じて、申告者がCICに登録を依頼した内容を表す情報。

貸付自粛制度(※3):
借入の自粛を要請することで、金融機関からの借入を5年間制限できる制度のこと。
  • 本人を識別するための情報:氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・勤務先名・勤務先電話番号など
  • 依頼した内容に関する情報:登録日・依頼内容の種類

電話帳掲載情報

電話帳に掲載された内容を表す情報です。

  • 電話帳に記載された内容:氏名・電話番号・郵便番号・住所
【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

信用情報の保有期間について

信用情報は1度登録されると、一定の期間登録され続けます。つまりあなたのお金の使い方が、履歴として残るということです。ただし情報の種類によって、登録される期間は異なります。

支払の延滞などは最大で5年間登録され、消えるまでに時間がかかります。印象が悪くなる情報が登録されないよう、あらかじめ注意しておきましょう。

個人信用情報の確認をするには?

個人信用情報は自分自身で取得することができます。CICでは最も多くの信用情報を管理しており、携帯電話の割賦支払いの状況のデータまで蓄積されているので、不安がある人はうっかりした未払い情報を確認するためにも、まずはCICを確認すると良いでしょう。

CICで確認出来ない点等があった場合には、JICCを確認するという流れが通例なので、ここではCICの取得方法を説明していきます。CICの情報の開示方法は以下の3種です。

窓口で確認

窓口は首都圏では新宿にあります。必要書類(運転免許証やマイナンバーカード等)を持参して、タッチパネルを操作して信用情報はその場で受け取ることができます。開示手数料が他の方法は1,000円なのに対して、窓口だと500円なので一番負担が少ないです。

詳しくはCICのホームページよりご確認ください。

インターネットで確認

インターネットはパソコンやスマートフォンから手軽に開示請求し、情報は即時に確認することができます。詳しくは以下からご確認ください。

(スマートフォンで開示)
(パソコンで開示)

郵送で確認

郵送は必要書類と定額小為替証書を用意して、「首都圏開示相談室」宛に郵送します。申し込みから10日程度で回答情報が郵送されてきます。

(郵送で開示)

CIC信用情報開示報告書(クレジット情報)の見方

回答情報が記載されている「信用情報開示報告書」には、「クレジット情報」「申込情報」「利用記録」の3種類の書類があります。ここでは、その中でも特に重要な「クレジット情報」の見方を解説していきます。

クレジット情報は、クレジットやローンの契約内容・支払状況・残高などの情報が、契約会社ごとにまとめられたものです。例えば3社契約のある方は、3枚のクレジット情報が出てきます。報告書には、キャッシングなどの極度額、直近の請求額や、入金額などが記載されています。確認するべきポイントは、次の4点です。

  • 《割賦販売法の登録内容》欄
  • 《貸金業法の登録内容》欄
  • 《お支払の状況》欄
  • 《入金状況》欄

《割賦販売法の登録内容》欄

クレジットカードでの分割払いやリボ払い、携帯電話の分割払いに関する情報が記載されています。「支払い遅延の有無」部分に何も記載がなければ、問題ありません。

《貸金業法の登録内容》欄

消費者金融からの借り入れやカードキャッシングなどの情報が記載されています。創業融資を申し込むにあたって、この欄は何も記載のない状態にしておくのが理想になります。

《お支払の状況》欄

「返済状況」部分に『異動』と書いてある場合、融資審査はかなり厳しくなると思った方が良いでしょう。これは、長期間の支払いの延滞があったことを表しており、いわゆるブラックリストに入ってしまっているという状況です。「終了状況」というのは、返済がどのように終了したのかが記載されている項目です。ここに『完了』と書いてあれば、問題なく返済したということです。

『貸倒』、『本人以外弁済』、『法定免責』と書いてある場合も、ブラックリスト入りしています。また、借りている(いた)お金がない場合は、この項目は空欄となっています。

《入金状況》欄

書類の一番下には、24カ月分の入金情報が記号により記載されています。記号には”$”や、”A”、空欄などがあります。”$”は請求どおりに入金があったことを示し、”A”は未入金を示しています。空欄の場合は、カード会社が情報を登録をしていない、つまりその月に利用がなかったということです。”A”などがついてしまっている場合は、要注意です。

まとめ


いかがでしたでしょうか?信用情報は、創業融資を受けられるかどうかの鍵となる重要情報になります。少なくとも融資申し込みから過去5年間の信用情報はキレイにすることを心がけましょう。

 

【豆知識】ブラックリストとは?

「支払が遅れるとブラックリストに載る」という言葉を聞いたことがありませんが?信用情報において「ブラックリストに載る」とは、信用情報に事故情報が登録されている状態のことを指します。事故情報とは、当初の予定通りに支払が行われなかった情報のことです。

「支払の長期延滞(2~3ヶ月以上)」「債務整理」などの履歴があると、ブラックリスト入りしていると思われる可能性があり、資金調達が難しくなります。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト