資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

キャッシングをしている場合、日本政策金融公庫で融資は借入できないのか?


日本政策金融公庫で融資を受けたいが、消費者金融などで借入があるので、日本政策金融公庫から借り入れできるか不安という相談はとても多いです。

今回は、キャッシングをしている場合、日本政策金融公庫で融資は借入できるのか否かについて解説していきます。

そもそもブラックリストに名前がのっている その他金融事故がある場合は?

自己破産など債務整理などをしていると、融資の審査が厳しくなります。目安として5年以内に自己破産などの債務整理をしていると融資は難しいと考えるべきです。融資を受ける前に、金融事故の有無を確認できるCIC(指定信用情報機関)などの信用情報機関での確認をしておきましょう、1~2年以内に遅延が発見されると、より審査は厳しくなります。

キャッシングしてたら借入できないのか?

金利の低い金融機関(日本政策金融公庫・信用金庫・信用組合等)は、融資までに1か月~3か月程度かかるケースがあります。そのため、すぐに資金調達ができるカードローンやキャッシングを利用してしまう方が多いです。カードローンやキャッシングは借りるまでの期間は短いですが、その分金利が高くなります。

消費者金融や、クレジットローン、クレジットカード現金化などの利用残高がある方は、日本政策金融公庫の融資を受けることは難しいですが、100%融資が通らないかと言われると、そんなこともありません。日本政策金融公庫の担当者に直接聞いてみても、「返済能力があるかどうか」と言われたりします。やはりどのような理由でキャッシングをし、しっかり返済できているか。ここを妥当な理由で日本政策金融公庫に説明することができるかどうかでしょう。

日本政策金融公庫側としては融資をャッシングの返済に充てられるのを防ぎたいので、キャッシングの返済を問題なくご自身でできている方でないと、まず日本政策金融公庫の融資は通らないと考えてもいいでしょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

そもそもキャッシングはバレるのか!?

キャッシングしているか否かは必ずバレます。上記でも記述したCICという信用情報を取り扱っている機関と連携していますので、日本政策金融公庫との取引が初めてのお客様は必ずチェックされます。その情報の中にあなたのキャッシングの情報が記載されています。隠そうとするとむしろ後でバレて、印象がガタ落ちになりますので、キャッシングしている場合には必ず正直に話しましょう。

2008年から、日本政策金融公庫と株式会社CICは連携しています。その証拠に、日本政策金融公庫の公式ページの中にあるプライバシーポリシーを見ると日本政策金融公庫は、加盟する全国銀行個人信用情報センターとの関係において、「次のとおり個人情 報保護法(平成 15 年法律第 57 号)に基づく個人データの共同利用者となります。」との文面があり、読み進めるとこれまた株式会社CICの名前や全国銀行個人信用情報センターの名前が記載されているのです。

その他、日本政策金融公庫は、CIC以外の信用情報機関の情報も参照できます。CICはCRINと呼ばれる情報ネットワークでJICCやKSCとつながっています。CICはクレジットカードの利用状況を補完する信用情報機関ですが、公庫はCRINを通してカードローンや住宅ローンなどの利用状況も知ることができるのです。

審査に影響の無いローンと影響のあるローンの具体例

ローン、キャッシング、色々種類はありますが、公庫の審査において影響がないものもあります。具体的には「住宅ローン」「車のローン」です。これらのローンは高額になりますので、信用や収入がある方でないと組めないローンですので、しっかりと返済していれば逆に審査においてはプラスに転じる場合もあるでしょう。

影響があるものとしての代表例は「カードローン」「クレジットカードのキャッシング」です。これらは無担保で、非常に借りやすいローンです。借りやすいからといって安易に手を出さないことです。

まとめ


「キャッシングは最終手段」です。基本的な資金調達の検討の順番としては以下になります。

  • ① 民間金融機関もしくは日本政策金融公庫の事業融資
  • ② 民間金融機関等の事業性カードローン
  • ③ 消費者金融等のカードキャッシング※通常のショッピングの範囲内は大丈夫です

これは金利の低い順でもあり、手続きの難易度順でもあります。

急ぎの場合や日本政策金融公庫の融資を受けれるか不安な場合など、安易にキャッシングされる方もいらっしゃいますが、キャッシング前なら融資がおりたと思う事例もあります。キャッシングする前に必ず通常の融資がおりないかをご検討ください。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト