資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

各省庁や各自治体で出ている「補助金」と「給付金」の違いとは?


最近のコロナ禍で、各省庁や各自治体ではさまざまな給付金や補助金を公募していますが、そもそも「補助金」と「給付金」の違いは何でしょうか?

今回は、「補助金」と「給付金」の違いについて解説します。

補助金と給付金の共通点

違いを紹介する前に、まず補助金と給付金の共通点とは一体何でしょうか?

申請が必要

補助金・給付金はいずれも、受給するために申請をする必要があります。つまり、受給条件を満たしていても申請をしないと「もらえるはずの補助金や給付金をもらえていない」という状況が発生します。こまめに補助金や給付金情報をまとめたサイトなどを参考にしながら、受給できるものがあるのかどうかチェックしましょう。

返済する必要がない

補助金・給付金は国や自治体から交付されるお金であり、返済が不要です。借入や融資とは異なるため上手に活用しましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

補助金と給付金の違いとは?

ここからは、補助金と給付金の違いについて説明していきます。

給付の目的

補助金・給付金はそれぞれ給付する目的が異なります。補助金は一般的に新規事業や新規サービスの導入、新規の政策の促進やサポートのためのお金です。給付金は特定の目的は定義されていませんが、補助金以外の広義な目的に用いられる場合が多いです。

審査がある

給付金も補助金も、国の政策目標に基づいて、事業を支援するために支給されるお金という所は一緒ですが、補助金は申請をしても必ず受給できるという訳ではなく、厳しい審査を通過できないと受給できませんが、給付金については条件が整っていれば審査がありません。

  • 給付金:原則として一定の条件を満たしていれば給付
  • 補助金:審査を経て、事業を実施した後に交付

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、補助金・給付金の違いついてご紹介してきました。

それぞれの使い分けや違いは少し分かりにくいですが、事業を行う上で非常に助けになる制度ですので、不正受給をすることなく有効に活用しましょう。また、給付されたお金をただもらうだけではなく、同時に既存業務の効率化を積極的に進めることで支出の削減を実現しましょう。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト