資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

エンジェル投資家にアプローチする為の事業計画書の内容とは?


出資してもらいたいエンジェル投資家が見つかったら、そのエンジェル投資家にアプローチをかけていきますが、エンジェル投資家にアプローチするための事業計画書の作成をしていきます。

今回は、エンジェル投資家にアプローチする為の事業計画書の内容について説明していきます。

そもそもエンジェル投資家とは?

エンジェル投資家とは、起業家のスタートアップを助ける個人投資家です。エンジェル投資家の多くは、現起業家、引退した起業家、M&A・IPOなどで会社を売却して資金を手に入れた実業家達になります。

通常、起業後まもない時期は、資金調達の面で苦労を強いられます。起業時は説明できる実績が 無いため、銀行や金融機関などの融資やベンチャーキャピタルの出資を受けにくいからです。こうした資金調達の問題を解決してくれるのが「エンジェル投資家」の役目です。

エンジェル投資家には、投資の見返りとして、株式などを提供します。エンジェル投資家は、友人などのケースは別ですが、何の利益も見込めないようなベンチャーに対しては基本的に投資はしません。 当然ですが、投資した企業が倒産すると資金回収は出来ませんので、通常の投資と比較すると極めて高いリスクを負うことになるわけです。

最後に、一般的にエンジェル投資家からの出資額は、ベンチャーキャピタルなどの法人投資よりも一般的に投資金額は少額となります。しかし形式よりも経営者の人物や事業に対する想いに共感して投資を受けられることや、投資した後も良いアドバイザーともなってくれる場合が多いので、金額以上の価値があるでしょう。

エンジェル投資家に出資してもらう為に事業計画書は必要?

結論から言うと、出資してもらうエンジェル投資家次第です。

人そのものの魅力で出資してもらう場合には事業計画書は必要ない場合がありますし、事業を評価してもらう為には事業計画書は必要になります。

エンジェル投資家の場合、投資の判断は個人の価値観によって様々になります。そのため示すべきポイントも、その相手に合わせて変える必要があるという事です。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

エンジェル投資家にアプローチする為の基本的な事業計画書の内容

事業計画書のフォーマットがあるわけではありませんが、基本的には以下のの要素をしっかりと伝えることが大切です。

会社概要及び経営者の略歴

具体的に何をする会社なのか、そして経営者自身の経歴やスキルをアピールします。エンジェル投資家はあくまで投資家なので、当然成功する可能性の高い計画に投資したいと思っています。自分は成功する能力がある人間だ、ということをアピールしていきましょう。

事業の背景・目的

その事業をするに至った背景や目的を伝えます。エンジェル投資家は個人の意思で投資してくれるため、資金投資先にも銀行やベンチャーキャピタルのようにリターンの確実性だけでなく、事業そのものの実用性、将来性や人情といった情報にも左右されます。

事業内容(事業概要・サービス・ターゲットなど)

事業の詳細な事業内容、サービス、ターゲットのペルソナなど、具体的な内容を伝えていきます。ここでポイントとなるのはサービス内容とターゲット層の関係性。サービス内容がターゲット層に本当に求められているのか、またはこれから求められるようになるのかです。

単純に今現在流行しているからこの事業をやりますといった一過性の流行に乗るだけではエンジェル投資家は投資してくれません。これからのブームを作っていくような、そんな将来性のある事業である、という内容のアピールができるようにデータを集めていきましょう。

市場規模・競合

市場規模と競合相手をどれだけ調べているかというのがポイントとなります。基本的には市場規模が小さかったり、競合相手が多かったりする業界ではあまりいい印象は抱かれにくくなってしまいます。

ただこれらもマイナス要素ばかりというわけではなく、市場規模が小さいならこれからその業界が伸びることを予測するデータを集めればいいアピールポイントになりますし、競合相手が多くても、その競合相手たちが気付いていない革新的なアイデアを提示できればそれを強みに説得できる可能性もあります。

エンジェル投資家の中には出口戦略の停止を依頼するケースがあります。出口戦略として、上場(IPO)や事業売却(BuyOut)を検討しますが、いずれも一定の事業規模が必要です。拡張性のある事業計画を設計しましょう。

収支計画・資金計画

数字によるデータの提出です。データの数字について、希望的観測の甘い数値ではすぐに見破られてしまいます。実際に業者による見積もりを取る、収支計算の根拠を書いておくなど、実現性の高い数値であることをアピールしながら勝負していきましょう。

また、自分に投資することでエンジェル投資家にどのようなリターンが提供できるのかという点も伝えましょう。エンジェル投資家はあくまで投資家であって、慈善活動家ではありません。当然リターンが投資するリスクに見合わないと思えば投資はしてくれません。エンジェル投資家が投資したくなるような魅力的な、しかし現実的なプランを提案しましょう。

まとめ


事業計画書の書き方に正解はありません。強いて言えば、エンジェル投資家の「共感」と「納得」を得られる事業計画書が一つの正解だと言えるでしょう。利益重視のエンジェル投資家であれば「出口戦略」を提案する事が答えになるかもしれません。

なお、事業計画書は書面だけを見てもらうケースと、プレゼンテーションしながら見てもらうケースがあります。通常は投資家との面談で事業計画書を見せながらプレゼンテーションをおこないます。事業計画書がどれだけ魅力的に仕上がっていても、プレゼンテーションがうまくできなければ、その価値は半減してしまいます。事業計画書を作成する際は、必ずプレゼンテーションを想定したシミュレーションをしておきましょう。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト