資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

アセットファイナンスとは?資金調達方法やメリット・デメリットを解説


会社を経営する上で資金調達は重要ですが、優良資産を有する会社であればアセットファイナンスを活用して資金調達することができます。

今回は、資金調達の方法の一種であるアセットファイナンスについて解説していきます。

アセットファイナンスとは?

アセットファイナンスとは、アセット=資産を元手に、ファイナンス=資金調達をする方法です。

通常、資金調達というと、銀行から借り入れを行ったり、株式として、会社に出資をしてもらったりすることが一般的です。特に、銀行から借り入れを行う際に中小企業等は信用が無いので、担保として不動産などの提供を求められることがあります。古くからの企業であり差し出せる担保があれば良いですが、設立して間もない会社や、他行に既に担保提供している会社は追加の融資を受けられない場合があります。

そこで、企業の保有する資産に注目したアセットファイナンスが登場します。資産と一口に言っても、土地等の不動産だけではなく、企業の保有している売掛債権などを担保とすることで、資金調達を行うことになります。

アセットファイナンスのメリットは?

不動産や動産、売掛債権や知的財産権など、普通なら価値がつかないと思われるような資産を資金調達に利用することが可能です。また、上手くいけば経営改善にも役立てることができ、資産のオフバランス化やそれに伴う財政比率の向上なども期待出来ます。

また、資産にはリスクがあります。不動産ならば資産価値が下がってしまうというリスクがありますし、売掛債権のならば取引先が倒産して回収不能になるというリスクもあります。このようなリスクを移転させる事ができるというのもアセットファイナンスのメリットの一つです。

更に、方法にもよりますがアセットファイナンスは企業の信用力ではなく、売却する資産の価値や信用力が重視されます。そのため、自社の経営状況が悪い場合でも比較的資金調達を行いやすくなっています。

アセットファイナンスのデメリットは?

デメリットとしては流動化させることが可能な資産を保有していなければ資金調達に役立たせることはできない部分です。また、資産を保有していたとしても、事業を営む上で収益を生み出す資産は活用することにふさわしくありません。売却する価値のある資産が必要です。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

アセットファイナンスでの資金調達方法

ここからは、アセットファイナンスでの主な資金調達方法をご紹介します。

売掛債権を売る(ファクタリング)

ファクタリングは、入金待ちの請求書(売掛債権)を買取ってもらうことで、決済日よりも早く現金を受け取るサービスです。

日本の企業間の取引では、先に商品やサービスを提供し、後から代金の回収をする信用取引が一般的ですが、こうした掛取引では、売掛金の入金が遅れたり、貸倒れになったりで資金難に陥る可能性もあります。ファクタリングを使えば、売掛先が倒産の恐れがある場合などに、あらかじめ保険をかけたり、未回収のままの売掛金を売却して現金化したりできます。

使っていない資産を売る

シンプルな資金調達方法は、すでに会社が保有している資産を売るという方法です。資産を売れば売却代金が支払われるので、その資金を調達するのです。売却できる会社の資産はある程度の金額があるものになりますが、以下などが該当します。

  • 不動産
  • 自働車
  • 有価証券
  • 機械設備
  • 権利(営業権、商標権、特許権)  など

無駄な在庫を売却

在庫は多くのコストが発生する負債です。売れる見込みのある適正な在庫であれば保有していても、問題ありませんが、過剰に在庫を持っている状態は毎月の在庫の管理コスト、保管コストが発生するだけなのです。

利益がでない状態でたたき売りしなければならないケースもありますが、利益が出る出ないにかかわらず、適正な在庫量に合わせることと資金調達の両方を実現できる方法として、無駄な在庫の処分は検討すべきなのです。

債権回収

まだ回収できていない債権を回収することで資金調達を行うという方法です。いくつかの会社との取引を行っている場合、まだ未回収の債権があるかもしれません。また債権というのはいつまでも有効なわけではなく、一定期間が経過すると消滅します。そのため、未回収の債権がある場合は消滅してしまう前に回収する必要があります。債権は種類によっても時効期間は異なりますので事前に確認しておきましょう。

実際に会ったり、電話やメールなどで話し合って請求することが一般的ですが、取引先がそれに応じない場合は内容証明や少額訴訟、民事調停という措置を取ることも出来ます。自らで債権回収を行うことが難しい場合は弁護士や債権回収会社に依頼するという選択肢もありますが、費用がかかります。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、アセットファイナンスについて解説しました。

アセットファイナンスは保有している資産を売却することで資金調達を行う方法であり、返済の必要はありません。また、資産売却を行うことで活用していなかった資産の維持費を軽減することが出来るなどのメリットもあります。しかしながら方法によっては手数料が高額になること、ファクタリングを行ったことを取引先に知られることでイメージや信用度が低下してしまう可能性があることなどデメリットもあります。

また、そもそも売却する価値がある資産を持っていなければアセットファイナンスによる資金調達は行うことが出来ないため、自社の資産についてしっかり確認する必要があります。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト