資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

『貸借対照表(B/S)バランスシート』とは?基礎知識やチェックポイントについて解説


貸借対照表は、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書と並ぶ主要な決算書です。会社の財政状態を客観的に把握することができ、正しい経営判断をする上で欠かせないものになります。

今回は、『貸借対照表(B/S)バランスシート』について解説します。

まず基本的な財務3表について把握しましょう!


一般的に、貸借対照表と損益計算書とキャッシュフロー計算書からなる財務3表と呼ばれています。会社がどういった財政状態で、どのような経営をしていて、どんなお金の流れなのかを示します。数字の観点から、会社の問題点や改善すべき点、優れている点を知ることができます。

貸借対照表(B/S)とは?

貸借対照表はバランスシート(Balance Sheet)とも呼ばれ、企業の一定期間の財政状態を「資産」「負債」「純資産」から見ることができる。略称でBS(ビーエス)と呼ばれることが多いです。

損益計算書(P/L)とは?

損益計算書とは、企業の一定期間の収益と費用、つまり利益の状態を「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」から見ることができる。略称でPL(ピーエル)と呼ばれることが多いです。

キャッシュフロー計算書(C/S)とは?

企業の一会計期間のキャッシュ(現金や現金同等物)の増減を「営業キャッシュフロー」「投資キャッシュフロー」「財務キャッシュフロー」から見ることができます。

貸借対照表(B/S)は何のためにあるのか??

前述でも知らせしましたが、貸借対照表(B/S)はバランスシートと呼ばれます。簡単にすると下記の表になります。

資産=総資本(負債+資本)の関係になるので、資産=負債(会社の借金)+純資産(自己資金)の関係が成り立ちます。

資産

資産とは、会社が集めたお金をどのような状態で持っているのかを表すもので、これらの資産は1年以内に現金化することが出来る「流動資産」と長期にわたり会社が保有することになる「固定資産」とに分けられています。貸借対照表の資産は、原則として現金化しやすいものから順番に並んでいますので、上の段に「流動資産」、下の段に「固定資産」が表示されています。

流動資産

流動資産は、会社が保有している資産のうち、現金・預金・受取手形・売掛金・有価証券・棚卸資産などが該当します。

固定資産

固定資産は、会社が保有している資産のうち、土地・建物・機械、長期間保持する投資有価証券などが該当します。

負債

負債とは、返さなければならない会社のお金を表すもので、他人資本とも呼ばれます。負債も資産と同じように、1年以内に返さなければいけない「流動負債」と1年を超えて返さなければいけない「固定負債」とに分けられています。貸借対照表の負債は、原則として返済、支払期日の早い順番に並んでいますので、上の段に「流動負債」、下の段に「固定負債」が表示されています。

流動負債

支払手形・買掛金・未払金・短期借入金などが該当します。

固定負債

資金を調達するために発行した社債、長期にわたる借入金などが該当します。

純資産

純資産とは株主が会社に入れてくれた資金や利益の積み上げを表すもので、負債と違い返す必要のないお金で、自己資本とも言います。純資産がマイナスであれば債務超過の状態であり、倒産のリスクが高いと判断されます。純資産は株主のお金が関係してくる「株主資本」とそれ以外の「株主資本以外」の2つに分けられます。

株主資本

資本金・資本剰余金・利益剰余金などが該当します。

株主資本以外

その他有価証券評価差額金・新株予約権・少数株主持分などが該当します。

貸借対照表はその会社の一定時点における財政状態が示されていますので、そこから会社の経営状態に関して様々なことを読み取ることが出来るのです。貸借対照表を見て、「経営状態は安全か?」「資産の持ち方は良好か?」「借金の量は適切か?」などがある程度判断できます。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

貸借対照表のチェックポイント

では次に、貸借対照表のチェックポイントについてお知らせします。

自己資本比率

貸借対照表でわかる安全性の指標のひとつに、「自己資本比率」があります。会社の全財産のうち、返さなくていい資本(純資産)の比率がどれくらいあるのか、その比率を計算したもののことです。

自己資本比率(%)= 自己資本(純資産) ÷ 総資産(資産の総合計) × 100

自己資本比率が低いほど、他人資本の影響を受けやすい不安定な経営を行っている会社となり、自己資本比率が高いほど経営は安定し、倒産しにくい会社となります。一般的に自己資本比率が40%以上なら倒産しにくい企業、50%以上なら超優良企業といえます。

流動比率

「自己資本比率」が高いだけでは、会社の財務状況が安全だと言い切れません。そこで次に確認したいのは「流動比率」です。短期的に支払義務が到来する流動負債に対して、短期的に現金化できる流動資産の比率がどれくらいか、その比率を計算したもののことです。

流動比率(%)= 流動資産 ÷ 流動負債 × 100

流動比率が低いほど、現金化しやすい資産に対して、短期的に支払うべき負債が多いことになり、短期的な支払能力が低い会社となります。流動比率は200%が良いとされますが、一般的には130%~150%以上が目安だといわれています。 逆に100%を下回っている場合には、短期的な支払能力が足りないことを意味しますので、資金計画を見直すなどの対策が必要です。

当座比率

「流動比率」では、流動資産全てで比率を求めますが、流動資産には棚卸資産(=商品の在庫)も含まれます。仮に商品が売れなかった場合は資金調達ができなくなる恐れがあるため、「当座比率」でより厳密に支払能力をチェックする必要があります。当座比率の元となる当座資産とは、流動資産のうち特に現金化しやすい現金および預金、売掛金、受取手形、短期保有の有価証券などを合計した資産のことです。

当座比率(%)= 当座資産 ÷ 流動負債 × 100

流動比率と分母は変わらないため、流動比率をより厳しくしたものと言えます。当座比率は100%以上であることが望ましいといわれており、流動比率が200%近くと高いのに、当座比率が100%以下になるような場合は要注意です。過剰に在庫を抱えている、長期間売れ残っている商品があるなどが疑われるため、在庫管理の対策、改善が必要です。

豆知識

実は貸借対照表は、家計の状況把握にも活用できます。家計簿で日々の収支を把握するだけではなく、預貯金やローンといった大きな資産の実態把握に役立ちます。

例えば

  • 資産:現金・預金、売ればお金になる自動車や住宅、解約すればお金になる貯蓄型の生命保険などが入ります。
  • 負債:住宅ローンや車のローン、クレジットカードの未払い金、親や親戚からの借入が入ります。

そして、資産をすべて売って負債を返済したら手元に残るお金が【純資産】。万が一のことがあったときにどれほど家計に余力があるのかがこれでわかります。

まとめ


貸借対照表は、ある1年間における会社の資金調達方法と、調達した資金の保有・運用方法を示すものです。経営状況を客観的に把握することができますので、経営のリスクや課題を発見し、改善するために重要な役割を果たしてくれます。

今回お知らせした内容を参考にして、経営の改善に役立たせてください。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト