資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

創業融資の借り入れに失敗するパターンとは?


起業検討者にとって創業融資は大変重要な資金調達方法の一つです。しかし創業融資は簡単に成功させることができるものではなく、成功させるまでに様々な落とし穴があります。その落とし穴がどのようなものかを知ることで、少しでも創業融資の成功率をあげることが出来ます。

そこで今回は、創業融資の借り入れに失敗するパターンを6つご紹介していきます。

創業融資審査は落ちると半年以上申請できない!?

創業融資の代表的な金融機関である日本政策金融公庫の場合、融資に失敗した場合には、2回目の融資を申し込むタイミングは初回の申し込みから半年~1年後となるのが一般的です。基本的には前回の審査落ちから半年以内に再申し込みをしたとしても審査に通過することは難しいためです。

もちろん、審査落ちの原因が短期間で改善されれば、半年経たなくても融資を受けられる可能性は十分にあります。しかし、一度審査に落ちたということは、審査基準を満たしていなかったということです。審査に落ちた明確な理由を知ることはできませんが、審査落ちの原因を改善するためには少なくとも半年はかかると考える必要があります。そのためできる限り一度で融資を受けられるよう準備しておくことが大切になります。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

創業融資の借り入れに失敗するパターンについて

ここからは、創業融資の借り入れに失敗するパターンを6つご紹介します。

①信用情報や納税・公共料金を納めていない

創業融資の審査の際にはクレジットカードなどの信用情報や、納税をしっかりと行っているかについて見られる場合があります。クレジットカードなどの支払いを滞納してしまっている場合や公共料金の支払いが遅れている場合、税金の納付に遅れが出てしまっている場合などは、創業融資の審査において確実に不利になります。納税が滞っている場合には審査も受けられない可能性が高いです。

審査を受ける前には必ず上記の支払いを済ませておきましょう。審査の半年以上前にすべての支払いを済ませれば不利になる可能性が低くなります。

②代表者の経験が不十分

創業融資の審査では、代表者の職歴・経験が、起業する事業とどのように結びついているかを重要視します。過去の経験から事業遂行に必要な知識・情報・能力・ネットワーク等を持っているか判断するのです。

金融機関の判断基準としては起業する事業領域において3~4年以上、できれば6年以上の経験を持っているとよりプラス評価になります。できるだけご自身が起業までの職歴で経験したこと、培った能力が活かせる事業領域を中心とした事業計画で融資申請を行うようにしましょう。

③自己資金が十分でない

自己資金は、創業融資においてとても重要です。当然自己資金の額が大きければ融資額に上限もあがり、融資成功率も上がりますが、逆に自己資金の額が小さければ融資額に上限は下がり、融資成功率も下がります。

また、自己資金はその額だけが見られるわけではなく、最も重視されるのは起業のためにコツコツと貯蓄を続けてきたという実績です。融資の担当者は、この実績から起業者の計画性や事業に対する熱意を判断します。

④創業計画書(事業計画書)が非現実的

金融機関が融資を出すかどうかの基準は単純です。「貸したお金がきちんと返ってくるかどうか」です。借りたお金をきちんと返せる計画を証明するのが創業計画書(事業計画書)です。よって創業計画書(事業計画書)はどれほど見た目を綺麗に仕上げていたとしても、現実的でなければ証明することができません。

計画書作成は手間がかかりますが、いかにリアルなレベルまで作りこめるかどうかということが重要です。また、開業場所が決まっていないことも非現実的と判断され、否決されかねません。資金繰りの計画だけではなく、あらゆる面で現実的に計画が作りこまれているかどうかが大切です。

⑤創業計画書(事業計画書)の数字を裏付ける客観的資料が無い

ご自身は現実的な計画だと思っていたとしても、客観的な資料が無い場合は融資担当者が現実的かどうかの判断をすることが困難です。客観的資料が無い場合、担当者は「あなたのサービスが本当に成功すると確信が持てない」という判断をするしかありません。手間がかかったとしても、創業計画書(事業計画書)の数字を裏付ける客観的資料は必ず揃えましょう。

⑥面談で失敗してしまう

金融機関担当者は事業のみならず、代表者の人柄も見ています。どんな質問に対してもできる限り誠実に、丁寧に答え、前向きに理解してもらうよう心がけましょう。たとえば、「返済できない場合どうしたらいいのか」など、担当者に不安を抱かせるようなことを言うべきではありません。担当者からすると、返済能力に不信感を抱いてしまいます。事業計画書をもとにきちんと返済をするという態度を貫きましょう。

第一印象は大事です。上下スーツにネクタイのフル装備でなくてもいいと個人的には思いますが、それでもルーズな服装はよりは、しっかりした服装の方が望ましいです。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、創業融資の借り入れに失敗するパターンを6つご紹介しましたが、創業融資を成功させるために最も重要なことは自分自身が起業に対し真剣に取り組むことです。ぜひ、創業融資を成功させてください。迅速で円滑な融資の申し込みのためには、専門家の意見を参考にすることも一つの手ですので、頼る所は専門家に頼りましょう。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト