資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

カードローンの借入限度額(ご利用可能枠)とは?


カードローンを提供している会社のパンフレットやウェブサイトを見ると、「ご利用枠数百万円まで」や「利用限度額最高数百万円」などと明記されています。これを見た人は、「誰でも数百万円まで借りられる」と思ってしまうかもしれません。しかし実際には、申込者によって異なる借入限度額が設定され、必ずしも明記されている最高金額まで借りられるわけではないのです。

そこで今回は、カードローンの借入限度額(ご利用可能枠)について解説していきます。

そもそもカードローンとは?

カードローンとは、カード会社などの貸金業者や金融機関が提供している、個人向け融資サービスのことです。コンビニのATMや銀行などで現金を引き出したり、ネットから自分の口座へ振込んだりすることでお借り入れをすることができるので、とても便利なサービスです。お申し込み時に利用限度額が設定されるので、その範囲内であれば何度でもお借り入れができます。また、カードローンを提供している会社によっては、さまざまな返済方法を選ぶことができ、随時返済することもできます。

カードローンの借入限度額(ご利用可能枠)とは?

「その人が借りられる上限金額」

カードローンの商品案内では、例えば、「10万~800万円まで借入れ可能」というように表示されている場合があります。しかし、誰もが800万円まで借りられるわけではありません。「10万~800万円まで借入れ可能」とった表示がされているのは、各金融機関が取り扱うカードローンの最小および最大の限度額です。実際には、この範囲で「その人にいくらまで貸してもいいか」という個人ごとの上限金額(利用限度額)が決められます。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

借入限度額(ご利用可能枠)が決まるポイントとは?

ここからは、カードローンにおける借入限度額(ご利用可能枠)が決まるポイントについて説明します。

総量規制のルール内であること

利用限度額が決められる際の一番のポイントは、法律で定められている総量規制というルールです。総量規制では、「貸金業者から融資を受けられる総額は、年収の3分の1まで」と決められています。

そのため、カードローン会社が利用限度額を設定する際には、その人の年収の3分の1を超えないように決めるのが一般的です。すでに、別会社でローンを利用しているなど、仮に借入れ先が複数あったとしてもすべての借入れを合わせて年収の3分の1までとなります。

銀行系カードローンは総量規制の対象外です。しかし、独自のルールを作って同じように規制している場合も少なくありません。

安定した仕事に就いているか

何のローンであっても、借入れしたお金をきちんと返済することが大切です。安定した仕事に就いていれば、それだけ収入も安定していると考慮され、返済能力もあると判断されやすくなります。勤続年数も重要で、一般的には同じ会社で長く働いている人ほど審査には有利に働く傾向です。

他社の借入履歴や利用状況

過去や現在に借入れなどを利用している場合、借入れをした時期や返済状況、遅延があればその状況など、借入れに関するすべての情報が信用情報機関という第三者機関に保管されます。

カードローンの申込みを受けた各金融機関は、これらの信用情報機関のデータベースを参照することが可能です。そのため、過去および現在の借入れで、返済の遅滞や不払いや債務整理を起こしていると、審査に通りにくくなります。

借入限度額の増額は、再度審査が行われる

カードローンに申し込みをすると審査が行われ、その人がお借り入れできる限度額が設定されます。ただし、利用状況によっては、「もっと借り入れをしたい」というケースもあるでしょう。

カードローン提供会社によって異なりますが、借入限度額は基本的に後から増やすことができます。ただし、増額の申し込みをすると、改めて審査が実施されます。審査される項目は、基本的には初回と同じ内容と考えていいでしょう。もし、返済の遅延など、信用情報に悪い記録が残っていたり、年収が下がっていたりする場合は、増額申請が通らない可能性が高くなります。

反対に、勤続年数が増え、年収が上がっていることが証明できれば、増額申請時の審査にプラスの材料となる可能性が高まります。必ずしも増額できるとは限りませんが、もし借入限度額に不足を感じたら、増額申請を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、「足りなくなったから借入限度額を増やしたい」といっても、すぐに借りられるわけではありません。もし、借入限度額を超えるお借り入れを希望する場合は、日程に余裕を持って、早めに申し込みをしましょう。

まとめ


カードローンの借入限度額は、借りる人が返済困難に陥ることを防げるように厳密に審査されています。また、総量規制という法律や銀行の自主規制などの制限もありますので、理想的な借入限度額ではないからといって、複数のカードローンに申込をしないように気を付けましょう。総量規制で審査落ちしている履歴が多く残ることは、その後の借入で不利になる場合もあります。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト