資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

国際ファクタリングとは?メリット・デメリットについて解説


ファクタリングには様々な種類がありますが、その一つが国際ファクタリングです。国際ファクタリングなので、海外の業者とやり取りを行います。しかし、海外と聞くとなかなか手を出しづらいこともあると思います。

そこで今回は、国際ファクタリングについて解説していきます。

そもそもファクタリングとは?

ファクタリングとは、簡潔に言うと「先払い」です。利用者の入金待ちの売掛債権(=請求書)をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、請求金額の着金前に現金を受け取れるのです。実際の利用者への入金額は、手数料を引いた金額になり、本来の書面の入金額より少なくなります。しかし、最短即日で現金化を行う会社が存在していることから、個人・会社の「資金繰り」の悩みを解決する魅力的なサービスと言えます。

国際ファクタリングとは?

国際ファクタリングとは、文字通り海外の業者と行うファクタリングのことです。輸出代金の回収を確実に行うために採用される取引です。日本国内の輸出業者が商品を「輸出」し、海外の企業が「商品受け取り」「支払い」を行う際に発生する「売掛金」を、日本国内の業者が「買い取る」というシステムになります。

海外企業と取引をする際には、輸送時間が長いため商品を提供してからすぐに代金を回収することが難しかったり、輸入する企業が額実に代金を期日内に支払ってくれるのか見極めることが困難だったりします。そこで、世界各国のファクタリング業者と連携して取引先の信用調査を行い、代金回収リスクを保証するサービスが「国際ファクタリング」です。通常のファクタリングとは異なるので、注意しましょう。

信用状(L/C)取引との違いとは?

国際ファクタリングの類似システムとして「信用状(L/C)取引」が挙げられます。信用状(L/C)とは、「日本の銀行」と「海外の銀行」がそれぞれ自国の企業に信用状を発行して支払いを保証するシステムです。

従来の貿易取引では、「信用状」がリスクヘッジとして利用されてきました。貿易取引における信用状は、輸入者である買い手の取引先銀行が輸出者である売り手宛てに発行する文書で、銀行が輸入者に代わって代金の支払いを保証するという確約書です。信用状は買い手が銀行に依頼することで発行され、売り手が必要書類を提出すれば代金の支払いを保証してもらえます。

輸出者は商品を船積み後に代金を回収することが可能です。銀行が保証してくれているため、買い手の業者が支払い不可能な状態になっても代金を回収できます。売り手にとっては代金回収の不安がなくなり、買い手も商品を確認してから代金を払える点が信用状を利用した取引のメリットです。

信用状を利用する場合、取引銀行が買い手の代わりに支払いを確約する形態となるため、発行と運営にはコストと手間がかかります。しかし、国際ファクタリングを利用すれば、信用状を発行するコストと手間を省くことができ、送金ベースによって確実な代金回収が実現します。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

国際ファクタリングのメリット・デメリット

国際ファクタリングは、いくつものメリットがある一方でデメリットもあります。国際ファクタリングを検討する際に把握しておきたいメリットやデメリットについて説明します。。

国際ファクタリングのメリット

国際ファクタリングを利用すると、信用状の開設が不要です。信用状の開設には銀行の審査にパスする必要があるため、信用状の発行はハードルが高いと感じる企業もあるでしょう。このような場合でも、国際ファクタリングを利用することでリスクを回避した貿易取引が可能になる点がメリットです。

また、国際ファクタリングでは売掛債権が全額保証されています。事前に信用調査が行われるため、船荷証券などの出荷が証明できる書類を提出することで代金を請求でき、入金が早くなります。商品の提供から確実かつスピーディに代金を回収できると、資金繰りも良くなるでしょう。さらに、信用状を利用した取引では、信用状を発行している銀行に船積書類を送付するため、書類の到着や確認が遅くなります。国際ファクタリングではファクタリング業者を通して出荷してから商品到着までの間に売掛金を回収できることが嬉しい点です。

国際ファクタリングのデメリット

国際ファクタリングのデメリットは、利用するための手数料が高い点です。国際ファクタリングでは、信用調査の費用やファクタリングの手数料が必要になります。保証料は請求書の金額に対して割合が決められていますが、信用状取引と比べて割高になっている場合が多いでしょう。

また、国際ファクタリングのサービスを提供している企業が現状では少ないこともネックです。貿易取引では扱う額の規模が大きくなることも多いため、国内では国際ファクタリングを対応しているのは大手の業者のみとなり、選択肢は限られます。さらに、信用状取引に比べると仕組みが複雑になるため、利用者も多くありません。参入する企業が少ないことは、利用者とファクタリング業者の双方にとってデメリットとなります。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、国際ファクタリングについて解説しました。

国際ファクタリングは、輸出企業にとって非常に便利でリスクヘッジに役立つ優れたシステムです。現状では大手メガバンク系のファクタリング会社しか選択肢はないものの、信用状(L/C)取引よりも仕組みがシンプルで手間もかかりません。手軽に貿易リスクを回避したいという場合は、国際ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

株式会社ベクター
電話番号:03-5333-7013

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト