資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

マル経融資の審査の流れや審査に落ちた時の対処法について解説


マル経融資は低金利かつ無担保・無保証人など好条件で受けられる融資制度です。追加融資としても利用できるので、すでに借り入れがある事業者には特にオススメになります。

今回は、マル経融資の審査の流れや審査に落ちた時の対処法について解説していきます。

そもそもマル経融資とは?

マル経融資は小規模事業者経営改善資金とも呼ばれ、商工会議所や商工会の経営指導を受けている経営者に対し、低い利息で経営改善に必要な資金を融資する制度です。そしてマル経融資を推薦してくれるのは商工会や商工会議所ですが、実際に同制度を実施しているのは、日本政策金融公庫になります。

マル経融資について(借入限度額・利率などの条件や必要書類など)詳しくは以下の記事からご確認ください。

(参考記事)創業2年目以降にお勧め融資『マル経融資』をご紹介

マル経融資の審査の流れについて

マル経融資の審査の流れは以下の通りになります。

  • 商工会・商工会議所に申し込み
  • 商工会・商工会議所の経営指導(6ヶ月以上)
  • 商工会・商工会議所からの推薦
  • 日本政策金融公庫へ申し込み
  • 日本政策金融公庫の面談
  • マル経融資の審査
  • 審査結果の通知

商工会・商工会議所に加入して経営指導を6ヶ月以上受けたのち、推薦を受けて日本政策金融公庫へマル経融資の申し込みを行います。日本政策金融公庫で融資の審査が行われるものの、商工会・商工会議所から推薦を受けているため、融資を受けられる可能性は高いと考えられます。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

マル経融資の審査期間

マル経融資の審査期間はおよそ1~2ヶ月と比較的長めです。マル経融資は好条件で融資を受けられる一方で、審査が慎重に行われることが一般的です。面談が終わって融資を受けられるまでに最低でも1ヶ月以上はかかると考えておきましょう。

また、審査を早く進めるためにはタイミングが重要です。審査開始が週末で土日を挟んだり、融資担当者が有給休暇で休んでしまったりする場合などは審査が長引く可能性があるので、申し込み前にあらかじめ把握しておきましょう。

マル経融資の審査に通過する確率とは?

マル経融資の審査はどちらかといえば審査に通過しやすいと言えます。なぜなら、マル経融資は商工会・商工会議所の推薦を受けなければ申し込みできないからです。商工会・商工会議所が推薦を出すのは、基本的に黒字経営などで返済能力が高いと見込める事業者です。つまり、マル経融資の推薦を受けられる段階で、すでにマル経融資の審査に通過する確率は高いと考えられます。

ただし、商工会・商工会議所から推薦を受けられたとはいえ、必ずしもマル経融資の審査に通過するとは限らないので注意しましょう。

マル経融資の審査に落ちた時の対処法

万が一マル経融資の審査に落ちてしまった場合、日本政策金融公庫の他の融資制度を利用しましょう。日本政策金融公庫には中小企業向けの融資制度「中小企業経営力強化資金」や、「一般貸付」などがあります。基本的にマル経融資よりも金利は高いケースが多いですが、比較的に好条件で融資を受けられるのは日本政策金融公庫の強みです。

また、そのほかにも資金調達法には以下のものがあります。

  • 銀行のプロパー融資
  • 制度融資
  • ベンチャーキャピタルによる出資
  • ファクタリング
  • ビジネスローンの利用
  • クラウドファンディング    など

まとめ


マル経融資を受けるためには、商工会・商工会議所で6ヶ月以上の経営指導を受ける必要があるものの、その他の要件はそれほど厳しくありません。さらに、貸付条件が低金利かつ担保・保証人不要と非常に好条件なので、追加で融資を受けても返済における負担は比較的低いです。

まだ日本政策金融公庫から融資を受けたことがない人は、まず公庫の別の融資を受け、その後に追加融資としてマル経融資を申し込むことも検討してみてください。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト