資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

トリミングサロンでの開業の資金調達方法


動物病院やペットショップ・サロンで、ある程度の年数を勤務をして経験を積んでいくことで、技術と経験さらにノウハウなどがついてくると、個人や法人での独立・開業を視野に入れる方も多いのではないでしょうか。

今回は、トリミングサロンでの開業方法や、開業に際しての資金調達方法をご紹介します。

トリミングサロンの開業スタイル

トリミングサロンやペットサロンの開業スタイルは大きく分けて以下のパターンがあります。

専門店舗型サロン

店舗となる場所を借りて開業するスタイルです。家賃などの経費はかかりますが、立地を選んで開業できるため、集客などがある程度見込めるといったメリットがあります。

自宅サロン

自宅を改装して開業するスタイルです。内装工事費などは発生しますが、家賃の負担がないため固定費を押さえられるのが一番のメリットです。

出張・移動トリミングサロン

ペットを飼っている家庭に訪問し、トリミングを行うスタイルです。飼い主やペットが高齢で外出するのが難しい場合などに重宝がられています。また、ワゴン車など車の中でトリミングを行うケースもあり、ショッピングモールなどの駐車場で行うスタイルもあります。店舗を持たない分、経費を抑えてスタートできるのが魅力です。

併設型サロン

ペットショップや動物病院に併設するスタイルです。施設に訪れた方が依頼するケースも多く、新規顧客やリピーターを取り込みやすいというメリットがあります。

トリミングサロン開業にあたって必要な資格や手続き

トリミングサロンやペットサロンを開業するためには、「動物取扱責任者」の資格が必要となります。動物取扱責任者の資格はトリミングサロンやペットサロンの開業には必須の資格で、この資格を取得しないことにはトリミングサロンやペットサロンの独立開業はできません。また、トリミングサロンやペットサロンだけでなく、ペットショップやブリーダー、動物園などの運営にも必要な資格です。

また、一般的な手続きとして、個人事業の場合、個人事業の開廃業等届出書、所得税の棚卸資産の評価方法・減価償却資産償却方法の届出書、青色申告承認申請書等を納税地の所轄税務署へ提出します。また、個人事業開始申告書は事業所所在地の都道府県税事務所へ。詳しくは、最寄りの管轄行政に問い合わせが必要です。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

トリミングサロンの開業に必要な資金

トリミングサロンの開業に必要な資金には、店舗の敷金礼金や家賃、店舗改装費、ドッグバス、トリミングテーブルといった設備や備品の導入費、集客のための広告宣伝費、シャンプーやコンディショナーといった消耗品の費用、そして水道光熱費などの運転資金が含まれます。店舗自体にかかる費用は立地や内装によって大きく変わってきます。また、店舗を借りて開業する場合と自宅を改装して開業する場合など、開業スタイルによっても異なります。

例えば、地方で自宅の一部を改装し、最低限の設備だけで開業する場合には100万程度必要と言われていますが、都心で店舗を借りて内装も凝った場合などは1,000万ほどかかるとも言われています。

開業資金をどこから調達すればいいのか?

開業するにあたり、自己資金、いわゆる貯金だけで開業できればいいですが、なかなか日々の生活費なども考えると難しい所です。では自己資金以外でどこから調達すればいいのでしょうか?

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫とは、2008年10月1日に、国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行の4つの金融機関が統合して発足した100%政府出資の政策金融機関です。全国に支店網があり、固定金利での融資や、長期の返済が可能など、民間の金融機関より有利な融資制度が多く、設立間もない法人やこれから事業を始めようとする人であっても、融資を受けやすいのが特徴です。

一般的な中小企業に関係する事業は、国民生活事業になり、国民生活事業は事業資金の融資がメイン業務で、融資先数は88万先にのぼり、1先あたりの平均融資残高は698万円と小口融資が主体です。融資先の約9割が従業者9人以下であり、約半数が個人企業です。サラリーマンには馴染みではないですが、理由として、銀行のように口座はなく、貸付のみだからになります。

創業者向け融資制度である「新創業融資制度」や認定支援機関の助言があれば無担保・無保証、金利が安価になる「中小企業経営力強化資金」という融資制度がお勧めです。

信用保証付の融資

「信用保証協会」という公的機関に保証人になってもらい、民間の金融機関から融資を受ける制度です。貸倒のリスクを信用保証協会が背負うので、実績のない創業者が民間金融機関から融資を受けることが可能となります。万が一返済が不可能になった場合は、信用保証協会が代わりに金融機関に返済し、その後債務者は、信用保証協会に借入金を返済することになります。信用保証協会は全国各地にあり、地域ごとに創業者向けの融資制度を設けています。また独自の融資制度を設けている自治体も多くあります。

手続きの手順としては、信用保証協会に保証の承諾を受け、金融機関から実際の融資を受けるという流れになります。また各自治体の制度を利用する場合は、自治体の窓口を経由することになります。

親族、友人・知人からの借入

親族・知人から借入をする際には、その人の好意でお金を借りることになります。先々トラブルにならないようにしっかりとした取り決めをおこなっておくことが重要です。いくら近い間柄とは言え、お金を貸す側の心理としては複雑なものです。また、後々トラブルになりやすい資金調達法でもあるため、甘えてしまわないよう入念な説明と借用書などを交わすなど、お互いが納得のいく取り決めをしっかりとしておきましょう。

その他注意点として、金額によっては贈与税を納めなくてはならないので、実施する場合は、贈与とみなされないよう書面(金銭消費貸借契約書)を作成したほうが良いでしょう。また、利息など契約内容も明確にし、返済は銀行口座を通じたり、領収書をもらうなどして、証拠を残したほうが良いでしょう。

トリミングサロン開業にあたっての留意点

基本はサロン(カット)を目的としますが、飼い主とのコミュニケーションも重要になってきます。飼い主からの相談、ペットの健康状態や病気の有無などを知らせることなど、手入れ以外にアドバイザー的な知識やスキルも必要となってくるので、犬の育て方やしつけはもちろん、簡単な獣医学・犬の行動学・手入れ方法・犬のスタンダード(犬種の理想姿)の把握・犬の栄養学・接客方法なども必要だといえるので、絶えず勉強は必要です。

そして、ペットサロンとしての経営が一般的であるが、多くがペットホテルが併設されていたり、最低限の商品がならんでいるショップの機能も同時についたお店であるのが望ましいです。後に、出来れば独立開業する前に、ペットショップなどで経験を積んでおきましょう。サロンの規模は小さくアットホームな感じでも可能であるが、それゆえにお客様の声がダイレクトに伝わる場所にもなります。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、トリミングサロンでの開業方法や、開業に際しての資金調達方法をご紹介しました。

多くの人にとって開業で一番の難関となるのが費用の調達です。開業資金を抑えたい人は独立店舗や自宅開業にこだわらず、移動トリミングや訪問トリミングのように開業資金が比較的少なくてすむ方法も視野に入れましょう。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト