資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

ファクタリングとは?利用する際の注意点などについて解説


売掛金の回収は企業の大きな課題ですが、これを解決する手段として今注目されているのが「ファクタリング」です。ファクタリングは、未回収の売掛金に関するリスクを軽減したり、売掛債権を譲渡して現金を調達したりできる、企業にとって頼りがいのあるサービスです。

今回は、ファクタリングについてや利用する際の注意点などについて解説していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングは、入金待ちの請求書(売掛債権)を買取ってもらうことで、決済日よりも早く現金を受け取るサービスです。

日本の企業間の取引では、先に商品やサービスを提供し、後から代金の回収をする信用取引が一般的ですが、こうした掛取引では、売掛金の入金が遅れたり、貸倒れになったりで資金難に陥る可能性もあります。ファクタリングを使えば、売掛先が倒産の恐れがある場合などに、あらかじめ保険をかけたり、未回収のままの売掛金を売却して現金化したりできます。

ファクタリングのメリット

ファクタリングには以下のメリットがあります。急ぎで現金が必要な時や融資が受けられない企業にとって、心強い資金調達手段になっています。

  • 最短即日で現金化できる
  • 信用情報に悪影響がない
  • 継続利用で買取率が向上
  • 銀行融資よりも審査がやさしい
  • 取引先が倒産しても回収義務がない
  • 担保・保証人なしで利用可能
  • 運転資金確保により新たな投資も可能

ファクタリングのもっとも大きなメリットは、売掛金を早期に現金化できる点です。通常、銀行などに融資を申し込むと入金までには時間がかかります。また、審査のために膨大な資料を用意する必要もあるため、手間もかかるでしょう。同じく早期入金が期待できるビジネスローンに比べると手数料を抑えることもでき、負債にならない点も魅力です。

さらに、支払いリスクを負わなくて良い点もメリットと言えます。ファクタリングを行った時点で、売掛債権を現金化できます。万一取引先の財務状況が悪化して支払いができなくなった場合にも、そのリスクを追う必要がありません。

ファクタリングの保証型と買取型

ファクタリングには、「保証型」「買取型」の2種類があります。「保証型」「買取型」の違いを見ていきましょう。

保証型のファクタリング

保証型のファクタリングは、取引先の倒産などで売掛金が回収できなくなった場合に有効です。保証会社が現金を支払ってくれるため、取引先に信用面で不安がある場合に役立つでしょう。

但し、保証型のファクタリングでは、倒産などの事故が発生して初めて現金を受け取ることができます。「売掛金の回収が不可能」と判断されるまで保証金をもらえないものもあれば、支払遅延で保証金を受け取れる場合もありますので、ファクタリングに申し込む前によく条件を見比べましょう。

買取型のファクタリング

買取型のファクタリングでは、売掛債権をファクタリング会社に売却することが可能です。資金調達に悩んでいる場合は、銀行融資やビジネスローンなどと併せてファクタリングも選択肢の一つに含めていいでしょう。銀行融資や自治体・国の融資制度と異なり、ファクタリングには担保が必要ないため、売掛金を早期に現金化したい場合に有効です。

尚、買取型のファクタリングにも注意点があります。売掛債権を譲渡する前に、取引先との契約書に債権譲渡を禁止する条項が記載されていないか、必ず確認する必要があります。もし契約書に禁止と書かれていた場合、債権を譲渡することはできません。

また、買取型のファクタリングには「2社間」「3社間」の2種類があります。両者の違いを十分に理解した上で、手数料や取引先との関係を考慮する必要があるでしょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

買取ファクタリングは2種類ある

前述でもお知らしましたが、買取ファクタリングには、2社間と3社間という2種類があります。

2社間

手っ取り早く売掛債権を現金化したい場合に使われます。売掛先には連絡せずにファクタリングの利用が可能です。サービス提供会社に売掛債権を譲渡します。売掛先から売掛金が支払われた際には、サービス提供会社に支払います。売掛先に売掛債権売却を知られることはなく、取引関係に悪影響を与えずに済むのがメリットです。ただし、サービス提供会社に支払う手数料は高くなる傾向があります。

3社間

3社間は、ファクタリングを希望する企業とサービス提供会社、売掛先の3者合意のもとで契約します。売掛金は、売掛先からサービス提供会社に直接支払われ、2社間よりも手数料を安く済ませられる点が魅力です。ただし、3者間で合意形成するための段取りや資料の作成などの手間がかかってしまいます。さらに、取引先に資金繰りが苦しいといった印象を与える可能性についても留意しましょう。取引先に通知するにあたり、誤った情報が伝わらないように説明しなければなりません。

ファクタリングの注意点

利用するにあたっては、買取型と保証型とで注意点が異なります。事前によく確認しましょう。

買取型の注意点

最大の注意点は、買取型を利用できるのが、取引先との契約書に債権譲渡を禁止する条項が記載されていない場合のみだという点です。得意先と交わした契約書を確認してみましょう。そして、買取型を利用する際には、2社間と3社間の違いを十分に理解しておく必要があります。その上で手数料の負担、取引先との関係を考慮し、自社の状況に合わせて選択しましょう。資金調達が目的なのであれば、ビジネスローンの金利などとの比較、検討してもよいかもしれません。

保証型の注意点

保証型の大きな注意点は、売掛債権の現金化が遅くなる場合があることです。保証型は保険と同様の仕組みのため、保険でいう事故(保証型のファクタリングでいえば「倒産」など)が発生して初めて、キャッシュを受け取れるのです。厳密に言えば、サービス提供会社が、売掛金の回収が不能であると判断しないかぎり、保証金をもらえないというわけです。保証型のサービスでは、支払遅延で保証金が受け取れるものもありますので、よく比べてみましょう。

まとめ

Financial technology concept. Fintech. Asset management.


債権の電子化に伴い、以前にも増して債権の流動は活発になっており、ファクタリングは非常に身近かつ手軽に行える資金調達方法となりました。これから、中小企業に無くてはならないメインの資金調達方法として発展していくのは間違いないでしょう。

ファクタリングを調達手段として採用する場合、取引が定期的に行われる可能性が高いため、コストパフォーマンス・信頼性に優れた業者を見つける事が大きな課題となります。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト